「ありがとう」の反対は「あたりまえ」

「ありがとう」(有難う) 有り難い、めったにない、という意味。

お料理作ってくれてありがとう、お仕事してくれてありがとう。
感謝してます。幸せです。ってそういう感じ

これが、だんだん反対になって、

「あたりまえ」(当り前) いつもいつも、当然ながら、という意味。

お料理作るのあたりまえ。お仕事するのも当たり前。

こういう風になってくると、だんだんギクシャク、気分も悪くなってくるわけですね。 幸せな生活もそうじゃなくなってきます。

幸せな生活に戻したかったら、「当り前」を「有難い」に戻していったらいいわけですね。

「いや~、こんなにおいしい料理作ってくれて有難う。おかげで・・・」

「いつもお仕事してくれてありがとう。おかげで・・・」

とはじめは、多少無理矢理でもいいから言ってみるんですね。

そうしたら言うのもだんだん慣れていって、元の幸せな生活に戻ります。

私のためにデートに付き合ってくれてありがとう。おかげで一緒に居られて幸せです。 

初めはこんな感じだったのではないでしょうか。

あなたが今日も幸せに暮らせますように。